職場との決別

私は中学生の頃、とある有名古着屋に初めて行った時に、
その雰囲気に感動を覚えて、将来はアパレル関係の仕事に就きたいと考えていました。

そして高校を卒業し、某古着屋チェーン店で働き始めました。
と言っても最初はアルバイトでしたがね。
今でもそうですが、このお店にはあまり良いイメージがないですね。
商品の扱いが雑ですし、店員のモラルがかけていてレジのお金や商品がなくなる事もしばしば。

そんな時、とうとう店長が首を切られ、今度が私が店長になることに。
一応は正社員ですし、職歴もつくと思い三年は耐えました。
が、色々と限界が来てしまい、退職するに至りました。

そこから、さてどうやって仕事をみつけようかと思った矢先、
お金の工面も考えなければならないことに気がつきます。
その際に、以前にモビットとキャッシングの契約をしていたことを思い出します。

アルバイト先も見つけ、少しキャッシングを利用しながら職探しをしていました。
その間約二年ですかね。

職が見つかるまで

職が見つかるまでの間、本当にモビットにはお世話になりました。
なにぶん、当時やっていたアルバイトの実入りが安定しているものの少なかったですし、
さらに父が病に倒れてしまい、その入院費用も手助けしていた状況でしたので、本当に助かりました。

まあ正直な話、それ以外にも使いましたがね。
例えば、友人との付き合いで急に飲みに行くことになった時ですとか、
あるいは彼女へのプレゼントですとか、ぶっちゃけた話、今でもたまに利用しています。

返済もリボルビングなので、毎月の返済も楽なのが魅力です。
普段の生活費にも、少しやばいなという時には利用しています。
ショッピングローンでなく完全なキャッシング機能のみのカードなので、
使う場面は限られてきますが、自動車免許があればいきなり五十万円の枠というのも魅力でした。

今では見事に転職し、当時利用したお金も難なく返済することが出来ました。
キャッシングって、悪いイメージがあるかと思いますが、非常時には本当に役に立ちますよ。