結婚式が重なりすぎて

皆様の中で、めでたいことと言えばなんでしょうか。
子供の入学式や卒業式、あるいは誕生日など様々ありますが、一番最初に頭に浮かんだのは、おそらく結婚式でしょう。
純白のウエディングドレスに着飾られた新婦の姿は、まさに「めでたい」という言葉を体現していると言っても過言ではありません。

そんな結婚式ですが、参加者にとっても、もちろんめでたいことなのですが、
私はこんな目にあったことがあります。

それは今から五年ほど前、私が四十歳位の頃でした。
なんと同じ月に友人や親戚、会社の後輩ナドナド合わせて五組の結婚式に参加することになったのです。


まあ当然日曜日に行われたので、全てに参加しました。
といいますのも、知らせが届いたのが当たりまえですがバラバラな上、どれも結婚式ラッシュが続く六月の結婚式ではなかったので、気にもとめていなかったのです。

そこで必要になるのが、そう、ご祝儀ですよね。
ある程度の役職についているとはいえ、流石に厳しいし、少なく包むのも、
と思って利用したのがモビットのキャッシングでした。

なんとか窮地をのりこえて

二、三組ならまだしも、五組ですからね。
ご祝儀の金額を合わせれば、大卒の初任給なんて簡単に越えてしまいましたよ。

契約した際は、なんとなく緊急時にあれば便利ではなかろうかと思い契約したのですが、本当に助かりましたよ。


なにより、妻にバレなかったのが一番ありがたいですね。
まず、契約時は○○コールセンターの名前で封書が届くのでモビットのキャッシングに契約したことは、まずバレることはありません。 あと、在籍確認や自宅への確認の電話も、知人や仕事関係の人間という体で連絡してくれるので、
この際にもバレることはありません。 あと、利用明細もリボ払いなのでありませんし、
届くとしても○○コールセンター名義なので、この時にもバレることはありません。